• 2022.04.11

弘前学院聖愛女子硬式野球部 初練習

□メディアデビュー  このたび発足した青森県の弘前学院聖愛女子硬式野球部が4月11日、初練習を行った。去る9日は筆者もファーストミーティングに参加して希望に満ちた選手たちと対面してきた。そのときの様子がこちら。  弘前学院聖愛硬式野球部には伝統的な野球ノートがあり、その日の出来事や気づき、学びなどをまとめる。これは男子硬式野球部で使用されているが、女子硬式野球部でも同様に活用されている。毎日、その […]

  • 2022.04.09

弘前学院聖愛女子硬式野球部が目指すもの

□青森県に新たな歴史  2022年4月9日、青森県初の高校女子硬式野球部が弘前市の弘前学院聖愛中学高等学校(以下:聖愛)で始まった。昨年10月の創部発表から約半年、5名(※注)が始まりの1期生として聖愛の門を叩いた。前日に入学式を終えた彼女たちはこの日、女子硬式野球部の正式な活動開始日として校舎付近の公民館「千年交流センター」に集まっていた。 (※注:聖愛中学には女子硬式野球部はないが、2名の中学 […]

  • 2021.12.18

イチローと対戦した女子高校野球選抜からみる次なる女子野球界の課題

□仕掛ける女子野球界  12月18日、女子高校野球選抜とイチロー氏が創設したチーム「KOBE CHIBEN」とのエキシビジョンマッチがほっともっとフィールド神戸で開催された。数日前の急な発表でとても驚いたが、相手がイチローというビッグネームということもあり、一気に注目度が高まった。  試合は1-0でKOBE CHIBENが勝利した。女子高校野球選抜の中にはTikTokで87万超フォロワーを持つ松本 […]

  • 2021.12.07

巨人の女子チーム設立で加速する女子野球

□朝からビッグニュース  11月7日、野球界の大きな話題は巨人が女子野球チームの設立を発表したことだろう。朝にTwitterを確認するとタイムラインの約9割がこの話題で占められており、喜びの声に溢れていた。これでNPB球団による女子野球チームは埼玉西武ライオンズレディース、阪神タイガースWomenに続き3球団目となる。  現時点では巨人の女子野球チームの監督やチーム名は決まってはいないが、既に4人 […]

  • 2021.11.30

「松井秀喜×アフリカ野球」の新トレンド誕生

□世界普及はアフリカがカギ  東京五輪が終わって約3ヶ月。野球・ソフトボール競技では日本がアメリカに勝利し、共に優勝を飾った。しかし、残念ながら次回の2024年予定のパリ五輪では同競技は行われない。最短での復活は2028年のロサンゼルス五輪となり、関係者は7年後の復活を目指していく。  野球競技の国際大会といえば、WBCやプレミア12がある。確かにこの2大会は各国のトップチームが出場し、高いレベル […]

  • 2021.11.28

弘前学院聖愛女子硬式野球部 女子野球交流会

□驚きの参加人数  11月28日、青森県にある弘前学院聖愛高校は県内の小中学生を集めた「女子野球交流会」を開催した。同校が来春の女子硬式野球部創部を発表したのが10月1日であるから、それから約2ヶ月にして初の大規模イベントを行った。これまでは体験入学の形で練習会を行っているが、次はよりインパクトがあり、門戸を広くするという意味で参加者の対象を小中学生とした。  筆者もスタッフの1人として聖愛側の準 […]

  • 2021.11.20

弘前学院聖愛女子硬式野球部 PR活動決行

□次なる一手を打つ  2022年から青森県・弘前学院聖愛高校に女子硬式野球部が誕生する。10月に創部が発表された後は学校の体験入学を通じた野球体験会と県内各地で周知活動を行ってきた。同時に阿部翔太コーチングマネージャーを迎えてさらに行動範囲を広げることに成功した。  11月20日、次に弘前学院聖愛女子硬式野球部の立ち上げ準備として行ったのは県外での広報活動だ。その場所は宮城県栗原市。広報活動の会場 […]

  • 2021.11.16

人生の分岐点に古葉竹識監督の存在

□名将がまた1人  11月16日、筆者にとってこの話題しかない。広島東洋カープと横浜大洋ホエールズの監督を歴任した古葉竹識氏の訃報が飛び込んできた。現役時代は広島の主力として盗塁王やベストナインに輝いているが、広島黄金時代の名将、大洋では後の主力となる選手の基礎固めをしたという意味で指導者のイメージが強い。  こうした経歴を知っているものの、筆者にとっては東京国際大学野球部監督の方がイメージが強い […]

  • 2021.11.15

大谷翔平の会見を見て思う残念さ

□毎回同じ気持ち  11月15日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が日本記者クラブでシーズンを振り返る記者会見を行った。2021年は誰もが知る大活躍で日本中を熱狂させたと言ってもいい。今でもコロナ禍で苦しむ日本にとっての希望の光だったと言える。  そんな彼が帰国しての会見。多くの人がぜひ本人に聞いてみたいことが数多くあるだろう。多くのファンを代表して大谷選手本人に話を聞くことができる権利を持 […]

  • 2021.11.08

流れを止めるな!女子野球

□発展させたいという声  突如、弘前学院聖愛のグラウンドを訪問してから早数日、このコロナ禍を機に地元・青森県に戻ってきた筆者にとって最近は地方における女子野球文化の形成に考える時間が増えた。2021年3月までは東京にいたこともあって、関東・ヴィーナスリーグをはじめ、女子野球の試合を観る機会が多かった。  最近の女子野球ブームによって地方の高校で女子硬式野球部を創設しようとするところが増えているとは […]

1 91