アジア野球

80/80ページ
  • 2014.12.17

韓国プロ野球 来季日程発表! モーガン観戦の準備してみる?

2015年3月28日(土)開幕! プロ野球の開幕を海外で迎えてみるのもありかも! 韓国野球委員会(KBO)が2015年シーズンの日程を発表した。 来季から新球団、KTウィズの1軍参入に伴って試合数も144試合となる。 注目はハンファ・イーグルス。 今季は最下位に沈んだが、来季からキム・ソングンが監督に就任し、元横浜DeNA のナイジャー・モーガンを獲得し巻き返しを狙う。 今シーズン、32盗塁を記録 […]

  • 2014.12.16

韓国のオレンジ鷲となったナイジャー・モーガン!

ハンファ浮上のキーマンになれるか!? 韓国のハンファ・イーグルスが2013年に横浜DeNAに在籍した、ナイジャー・モーガンの獲得を発表した。 モーガンといえば、走塁がうまく、積極性なヘッドスライディングでチームの士気を上げるムードメーカーな存在だ。 また、『T』のポーズが流行し1年間観てとても楽しい人物だと感じた。 オープン戦での登場曲が『水戸黄門』だったことは今でも忘れられない。 そんなモーガン […]

  • 2014.12.15

ポップコーンが弾け、プロへ! そして日本上陸が決定したアマウリー・リバス!

獅子から竜への移籍は吉とでるか!アマウリー・リバス! 中日が今季途中に台湾・統一ライオンズに所属したアマウリー・リバスの獲得を発表した。 今季のはじめには台湾で誕生したセミプロのポップコーン・リーグに所属しMVPを獲得した。リバスが所属したチーム「崇越隼鷹」には、元巨人の投手・ジャン・チェンミンも内野手兼コーチとしている。 MVPを獲得した実績をかわれ、統一に入団し、中継ぎで5試合登板 1勝0敗  […]

  • 2014.12.14

チェ・ヒソプや秋信守のあとに続けるか!? 姜正浩!

結果次第で韓国人野手の評価がわかる! 運命のポスティング。 韓国プロ野球 ネクセンヒーローズに所属する姜正浩がポスティングシステムでメジャー移籍を目指すそうだ。 今季、打率3.56 ホームラン40本 打点117と安定した成績を残した。 春にはDeNAのキャンプに参加し中畑監督が獲得したいとも発言していた選手だ。 9月には日本にくるのではないか!?とのうわさがあったが今回はメジャーを狙うようだ。 も […]

  • 2014.12.13

アジアシリーズの意義とこれから

アジアシリーズを中止してまで行った日米野球。 結果的にはMLBチームに勝ち越し、継投ノーヒットノーランを達成するなど最高の形で終わったわけだが、自身はアジアシリーズの中止が決まった瞬間から長い間、疑問と違和感があった。 「同じアジアの国と交流・レベルアップしていくことよりも興業的に良ければ、お金になるほうが大事なのか!?」ということだ。 アジアシリーズは2005年から始まったが、観客の伸び悩みや収 […]

  • 2014.12.11

交流を明確に!

交流・提携内容をもっと情報公開をする。 前回のオリンピック復帰までに日本がアジア野球のためになにができるか。という話の続きだ。 実はNPB球団が中国プロ野球球団と提携が組まれている。 中国は北京五輪後、野球熱が収まってしまい10年にはわずか1ヶ月だけのリーグ開催、12年と13年にかんしては中止と動きが止まっていたが今年からリーグ戦が再開された。 その中でもひそかに交流がある球団同士が存在するのだ。 […]

  • 2014.12.10

オリンピックまでにアジア同士の助け合いを!

今、野球のオリンピック復帰に向けてよい方向に進んでいる。 自身は野球を日本、アジアで開催することによってアジア野球の活性化するのではないかと期待している。 『身近で学び、母国で実践』 これがキーワード。 そのように感じているのはある大会がきっかけ。 今秋に行われたアジア大会の野球競技には過去、アジアシリーズに参加した※4か国をはじめ、タイ・香港・パキスタン・モンゴルという普段、なかなか情報を得るこ […]

  • 2014.12.09

G.G佐藤のあの事件で生まれた言葉・・・

はじめに断っておきたいのだが、これはG.G佐藤選手を批判する内容ではない。 今回は、北京五輪後の裏で韓国で生まれた言葉について書く。 今年で引退を発表したG.G佐藤。ご存知の通り、アメリカのマイナーから西武・イタリア・ロッテと3カ国でプレーをした経験を持ち、あの五輪後の苦悩する様子がドキュメンタリーとして放送された。 五輪での記録は生涯残ってはしまうが、自身は批判はしない。 これはとある野球好きの […]

  • 2014.12.08

双子と熊! どちらが人気!?

ダブル本拠地なのに斗山推しのチャムシル球場!? 今回から話題を変えて、韓国球界の選手のお話。 その中でLGツインズ(以下、LG)と斗山ベアーズ(以下、斗山)が本拠地にしているチャムシル球場の周りについて紹介する。 2球団が同じ本拠地というのは日本で言うと約10年くらい前の巨人と日本ハムの東京ドームダブル本拠地と同じ状態だ。 LGには過去、中日に在籍したイ・ビョンギュがチームのキャプテンとして現在も […]

1 80