世界

1/2ページ

世界女子野球プロジェクト-行動-

【注:この記事は世界女子野球プロジェクトの進捗報告をする内容です】 現地と選挙  8月27日夜、車で女子野球クラブ選手権の会場となっている千葉県佐倉市に向かおうとしたが、途中で断念した。その翌日朝、阿部翔太代表と筆者は急遽、オンラインミーティングに参加することに。  その内容とはJICAニカラグア事務所の方々と現地のリアルな情報を知るためであった。  私たちのニカラグア渡航期間は10月下旬から11 […]

世界女子野球プロジェクト-驚愕-

未来改変 【注:この記事は世界女子野球プロジェクトの進捗報告をする内容です】  「そういえば、明日から千葉県でクラブ選手権が始まるね…」  弘前学院聖愛高校で世界女子野球プロジェクトの告知チラシを指導者に手渡しをした帰り道。阿部翔太代表はふと、上記の言葉を呟いた。  その次に飛び出した言葉はまさに衝撃的であり、当初の予定には全くないものだった。 「明日、車でクラブ選手権の会場に行こう!」  この言 […]

世界女子野球プロジェクト-衝撃-

□Tシャツデザイン考案中  中米・ニカラグア行きを決めた「ミライ会議」は阿部翔太代表を中心に10月末の渡航に向けて着々と準備を進めている。  当プロジェクトにスペシャルアドバイザーとして参加する埼玉西武ライオンズ・レディースの志村亜貴子選手、里綾実投手とオンライン会議をしてから早4日、8月25日からは広報活動が始まった。  この日に至るまで最初に考えていたのはTシャツのデザインだった。これは当プロ […]

  • 2022.08.24

世界女子野球プロジェクト-前進-

□渡航先決定  今秋、海外女子野球の現状を日本の女子野球界に伝えようと動き出した「ミライ会議」は埼玉西武ライオンズ・レディースに所属する志村亜貴子選手と里綾実投手をプロジェクトメンバーに迎えて動き出した。我が阿部翔太代表も日々、汗水を垂らしながら協力者集めに奮闘している。  今回は「海外女子野球」をキーワードとし、実際に現地に行ってその国の女子野球の現状をレポートしようというのが目的の1つだ。前回 […]

  • 2022.08.21

世界女子野球プロジェクト始動

□ミライ会議の存在  2022年5月から女子野球の未来をさらに明るいものにするために誕生した団体「ミライ会議」は今秋、新たなフェーズを目指すことになる。これまでは海外で女子野球を経験した現役選手3名(石川優希選手、里綾実投手、川端友紀選手)に自らの経験や女子野球に対する想い、今後の競技発展を目指して参加者全員と共に「ミライ」について考えてきた。  過去3回のイベントはすべてオンラインでの開催であり […]

  • 2021.02.09

ヤキモキする女子野球W杯の行方

□女子野球W杯の行方  2021年2月となりNPBの春季キャンプがはじまり、CSでは連日のようにその様子が放送されている。ちなみに筆者は地元の青森にいるため、見ることはできないが、その代わりにSNSを通じて情報を仕入れている。とても便利な時代になったものだ。  前回の記事では球春到来で嬉しいと書いた。これは喜ばしいことではあるが、実は筆者にはもう1つ、やきもきしていることがある。それはこれまで2度 […]

  • 2020.11.18

女子野球発展チーム(仮)-海外部門設立へ-

 現在、メンバー集めとヒアリングをしている「女子野球発展チーム(仮)」。2020年12月末までに初期メンバー6人(予定)を集めるために女子野球に対して想いをもつ人や関わっている人に声をかけながら、方向性を定めている。  構想上、チームは「国内発展」と「海外発展」の2部門に分けてそれぞれで連携しながら進める。今回は海外部門の設立に向けて、海外在住で、国内外で女子野球をプレーした方の想いをヒアリングし […]

  • 2020.11.17

女子野球発展チーム(仮)-想いヒアリング中-

 女子野球の普及・発展を目指して独自にチーム編成すると宣言した「女子野球発展チーム(仮)」。これはグラウンドに立って試合をするチームではなく、あくまでも女子野球界を支援、サポートすることを目的としている。  ファンとして喜んで終わりではなく、女子野球界の現状を見渡し、課題を洗い出すこと。多くのスポーツの中で野球を選んだ彼女たちがより、良い方向に進むことができる環境への「変革」チームである。  20 […]

  • 2020.11.14

復活と挑戦のフィリピン野球

□元アジア最強国  現在のアジア野球の実力は日本を筆頭に韓国、台湾、中国と続く「アジア4強」が長年、その強さを誇っている。この4チームが第1、もしくはAグループと呼ばれている。  そして前述の「4強」に続くのはフィリピンやパキスタン、香港などといった国々で第2かBグループと呼ばれる。なかなかこの構図が崩れないのが、4番目の中国とそれ以下の国々との実力差が開いていることが挙げられる。  今回はフィリ […]